プロダクト‎ > ‎

変更履歴


2020.11.11 IPERIUS BACKUP 7.1.4

2020/11/13 4:56 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • いくつかの改善と最適化
修正されたバグ
  • ESXiバックアップ:Server2019ゲストOSを使用したVMのバックアップ/レプリケーションの問題を修正しました
  • いくつかのマイナーなバグを修正しました

2020.10.26 IPERIUS BACKUP 7.1.3

2020/11/13 4:54 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • Exchange Onlineバックアップ(Office 365):接続の高速化とメールボックスの一覧表示の高速化を行いました
  • S3にバックアップ:ファイルの最大サイズが 1TBから5TBになりました。
  • MySQLバックアップ:バックアップ中にテーブルのロックを回避するオプションを追加しました
  • フォルダ選択様ウィンドウの表示と機能を改善しました
修正されたバグ
  • Hyper-Vバックアップ:バックアップ先パスの特殊変数を正しく評価できるよう修正しました
  • Exchange Onlineバックアップ(Office 365):一時フォルダのパスが正しくない場合に ファイルがロックされる問題を修正しました
  • ESXiバックアップ構成:接続のエラーを修正しました

2020.10.01 IPERIUS BACKUP 7.1.2

2020/11/13 4:52 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • ExchangeおよびOffice365のバックアップ(Exchange Online):バックアップ構成のためのウィザードが新しくなりました。
  • バックアップジョブの構成:バックアップ構成を簡単にするためのに、オプションのグループ化を採用しました。(メール通知、他のプロセスの実行、詳細オプション)
修正されたバグ
  • ドライブイメージのバックアップ構成:IperiusがESXi仮想マシン内で実行されていた場合、ディスクがリスト化されない問題を修正しました。

2020.09.22 IPERIUS BACKUP 7.1.1

2020/10/02 18:00 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • 仮想マシンバックアップ(VMDK、VHD、VHDX)からのファイルレベルリストア:XFSファイルシステム(CentOSとRedHat仮想マシン)が完全サポート対象となりました。
  • ESXiバックアップ:ログに CBTバックアップ順の番号付きフォルダー名が表示されるようになりました(001、002 ..)
  • ドライブイメージ:マウントされた仮想ディスクが、バックアップ構成から自動的に除外されるようになりました
  • Hyper-Vバックアップ:エラー処理が改善されました
修正されたバグ
  • ESXi仮想マシンの復元:フルコピーのみで構成されたCBTバックアップを正しく管理/表示できるようになりました。
  • Oracle backup: 最終のバックアップの日付とサイズを正しく取得できない問題を修正しました。
  • ドライブイメージ:外付けUSBディスクの存在を正しく管理し、エラー回避ができるようになりました。

2020.07.24 IPERIUS BACKUP 7.1.0

2020/08/01 14:30 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • Hyper-Vの復元:増分および差分バックアップ(RCT)からの単一ファイルの復元が可能になりました。
  • ドライブイメージからの単一ファイルの復元:この機能は、Hyper-VおよびVMwareバックアップからの単一ファイルの復元のためのインターフェイスに統合されました。
  • Hyper-Vバックアップ:ジョブを構成した後で新たに作成されて仮想マシンを、バックアップに自動的に追加するかどうかを決定するためのオプションを追加しました。
  • Iperius Console: ジョブ・ステータスのサマリーとシステムアラートを含む定期的なメール通知を追加しました。
  • Iperius Console:Iperius Remoteによるリモートデスクトップ接続を改善しました。
  • Iperius Console:リモートコンピューターでプロセスを実行する機能を追加しました
  • Iperius Console::いくつかの改善と最適化を行いました。
修正されたバグ
  • Hyper-Vの復元:VMファイルの直接コピーによるバックアップが正しく検出されない問題へ対処しました。
  • ランサムウェアのファイルチェック: MACシステムのファイルをチェックする際の誤検出を修正しました。
  • Dropboxへのバックアップ:ファイルをダウンロードする際に発生していたエラーを修正しました。
  • Dropboxへのバックアップ:150 MBを超えるファイルのアップロード時に発生していたエラーを修正しました((connection lost 10058)

2020.06.26 IPERIUS BACKUP 7.0.9

2020/07/14 5:27 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • BackBlaze(S3)のバックアップに対応しました。https://www.iperiusbackup.net/en/backup-to-backblaze-s3-with-iperius-backup/
  • Centron S3 Storage上でのバックアップに対応しました。https://www.iperiusbackup.net/en/backup-to-centron-s3-storage-with-iperius-backup/
  • Iperius Recovery EnvironmentはWindows PE 4.0に対応しました。
  • ESXi 仮想マシンのレプリケーション: ホスト間のレプリケーションにおいて、レプリケートされた vm名前へのサフィックスの追記が不要となりました。
  • Exchange Serverバックアップ:不良アイテムの上限を設定するオプションが追加となりました。
  • OneDriveにバックアップ。100GBまでの単一ファイルの送信が可能となりました。
  • いくつかの改善と最適化を行いました。
修正されたバグ
  • いくつかのマイナーなバグを修正を行いました。

2020.03.23 IPERIUS BACKUP 7.0.3

2020/06/14 1:28 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • Iperius Storage S3 :ファイルにアクセスするための新しいWebインターフェイスオンラインになりました: https://storage.iperius.com
  • Exchange Online バックアップの改善とスピードアップ。(Office 365)
  • Zip圧縮:zipアーカイブ内のファイルを相対パスで追加するオプションを追加しました。
  • Hyper-Vの増分バックアップ(RCT):VMのバージョンをチェックし、VMがRCTをサポートしていない場合はエラーメッセージが表示されるようになりました。
修正されたバグ
  • SQL Server バックアップ:tempdbデータベースによるバックアップエラーを修正しました。
  • Hyper-Vの増分バックアップ(RCT):設定中に表示されていた誤ったエラーメッセージを修正しました。
  • Hyper-V増分バックアップ(RCT):ネットワーク認証の問題を修正しました。

2020.02.28 IPERIUS BACKUP 7.0.0

2020/06/14 1:27 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • Windows 10、Server 2016、およびServer 2019の増分および差分Hyper-Vバックアップ(RCT)。柔軟な変更追跡とブロックレベルのバックアップにより、Hyper-Vバックアップの効率と速度が大幅に向上しました。 複数の復元ポイントを保持し、異なるホスト上でも簡単に復元を行うことができます。
  • Iperius Recovery Enviroment® によるdisk-to-diskの直接クローン。
  • リモートデスクトップから Iperius Remote を使用したIperius RecoveryEnvironment® への接続:ディスクのクローンを作成し、Iperiusリカバリメディアを使用してイメージバックアップのベアメタルリストアをリモートで実行できます。
  • データベースを複数選択できるSQL Server バックアップウィザード:トランザクションログのバックアップと切り捨てに関する最新機能も含まれています。
  • VMware ESXi:ホスト間での仮想マシンの増分レプリケーション(vCenterは不要)。 ESXi Free にも対応しています。
  • ホストと仮想マシンの互換性をチェックし、Hyper-V仮想マシンをリストアするための新しいウィザード。
  • Amazon S3:Amazon China に北京と寧夏の2つの新しいリージョンを追加しました。
  • ESXiバックアップ:仮想マシンの選択ツリーにデータストアのサイズが表示されるようになりました。
  • Exchange Online(Office 365)バックアップの機能改善と高速化。
  • Iperiusドライブイメージ:NTFS大規模クラスター(クラスタサイズ > 64K)へ対応しました。
修正されたバグ
  • Google Drive からファイルをダウンロードする際のエラーを修正しました。これにより複数のコピーを持つバックアップ環境での誤動作が解消しました。
  • ESXiホスト間での仮想マシンの増分レプリケーション:ESXi 5でも利用可能になりました。
  • ESXiバックアップ:「インベントリに存在する新しいVMをバックアップに自動的に含めるオプション」の問題を修正しました。

2019.01.27 IPERIUS BACKUP 6.5.1

2020/06/14 1:22 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • 新しいIperius Storage:TierⅢおよびTier Ⅳのデータ・センターでS3プロトコルを使用してデータを保存する新しいクラウドストレージサービスに対応しました。今すぐ有効にする
  • VMware ESXi:ホスト間の仮想マシンの増分複製(vCenterは不要)。ESXi Freeにも対応しました。
  • IperiusConsole:プッシュ通知がさらに強力に! 各ユーザーが個別にプッシュ通知を有効化することができます。
  • Iperius Console:プッシュ通知の履歴参照が可能になりました。
修正されたバグ
  • Amazon S3:EU-Parisリージョンでバケットを作成時に発生していた問題を修正しました。

2019.12.13 IPERIUS BACKUP 6.3.4

2020/01/04 6:56 に 竹内秀次 が投稿

新機能
  • Googleドライブアカウントの設定:認証はデフォルトのブラウザを介して行われ、Internet Explorerの埋め込みウィンドウを介しなくなりました。
  • ESXiバックアップ構成:仮想マシンツリーで、各データストアの使用可能な容量と合計サイズが表示されるようになりました。
  • ESXiバックアップ:ログファイルの構成が改善されました。
修正されたバグ
  • Dropboxの同期:フォルダーの削除に関する問題を解決しました。
  • FTPアカウント構成:アカウントの編集時に以前に設定されたポートが表示されない問題を解決しました。

1-10 of 33