プロダクト‎ > ‎変更履歴‎ > ‎

2020.02.28 IPERIUS BACKUP 7.0.0

2020/06/14 1:27 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2020/06/14 1:28 に更新しました ]
新機能
  • Windows 10、Server 2016、およびServer 2019の増分および差分Hyper-Vバックアップ(RCT)。柔軟な変更追跡とブロックレベルのバックアップにより、Hyper-Vバックアップの効率と速度が大幅に向上しました。 複数の復元ポイントを保持し、異なるホスト上でも簡単に復元を行うことができます。
  • Iperius Recovery Enviroment® によるdisk-to-diskの直接クローン。
  • リモートデスクトップから Iperius Remote を使用したIperius RecoveryEnvironment® への接続:ディスクのクローンを作成し、Iperiusリカバリメディアを使用してイメージバックアップのベアメタルリストアをリモートで実行できます。
  • データベースを複数選択できるSQL Server バックアップウィザード:トランザクションログのバックアップと切り捨てに関する最新機能も含まれています。
  • VMware ESXi:ホスト間での仮想マシンの増分レプリケーション(vCenterは不要)。 ESXi Free にも対応しています。
  • ホストと仮想マシンの互換性をチェックし、Hyper-V仮想マシンをリストアするための新しいウィザード。
  • Amazon S3:Amazon China に北京と寧夏の2つの新しいリージョンを追加しました。
  • ESXiバックアップ:仮想マシンの選択ツリーにデータストアのサイズが表示されるようになりました。
  • Exchange Online(Office 365)バックアップの機能改善と高速化。
  • Iperiusドライブイメージ:NTFS大規模クラスター(クラスタサイズ > 64K)へ対応しました。
修正されたバグ
  • Google Drive からファイルをダウンロードする際のエラーを修正しました。これにより複数のコピーを持つバックアップ環境での誤動作が解消しました。
  • ESXiホスト間での仮想マシンの増分レプリケーション:ESXi 5でも利用可能になりました。
  • ESXiバックアップ:「インベントリに存在する新しいVMをバックアップに自動的に含めるオプション」の問題を修正しました。